So-net無料ブログ作成

2014年3月 [文芸時評]

毎日新聞2014年3月25日夕刊に、3月の文芸時評が掲載されました。

《二〇〇六年に刊行した『辻』から数年おきに連作短篇(たんぺん)集を書き継いできた古井由吉が、最新作『鐘の渡り』(新潮社)を出している。政治の季節だった一九七〇年前後に、私小説的な作品を書く「内向の世代」のひとりとして出発し、すでに七十代も半ばを過ぎながら、その作品は日本語による現代文学として、より困難な場所に足を踏み入れているように見える。……[全文は毎日新聞で]

取り上げたのは、
・古井由吉『鐘の渡り』(新潮社)
・小林エリカ「マダム・キュリーと朝食を」(「すばる」4月号)
・四元康祐「カエルの聖母」(「文學界」4月号)
の3作です。


鐘の渡り

鐘の渡り

  • 作者: 古井 由吉
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2014/02/28
  • メディア: 単行本



すばる 2014年 04月号 [雑誌]

すばる 2014年 04月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2014/03/06
  • メディア: 雑誌



文学界 2014年 04月号 [雑誌]

文学界 2014年 04月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2014/03/07
  • メディア: 雑誌



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。